以前、知人の中古販売業者のスタッフに、12年乗っ

愛車を売る時には車を査定してもらうことが多いでしょ

以前、知人の中古販売業者のスタッフに、12年乗った愛車を見てもらいました。廃車寸前との結果で、買い取ってもらえるのかどうか不安でしたが、、その下取り価格は3万円でした。行く末は、その車は直され代車などに使われという話です。中古車買取業者を利用するときは、走行距離によっても査定価格に大きな違いが生じます。1年1万キロというのを聞いたことがないでしょうか。

2年なら2万キロ、10年10万キロ。それを超えると査定額は少なくなります。走行距離が少ない車は標準の査定額よりアップします。しかしこれが年式に関係なく10万km以上走っている車だと、マイナスすぎて査定額がつかないこと多いです。

また、査定は車種や需要によっても違いは出てきます。私は以前、愛車だった日産エクストレイルを車の買取査定を受けました。

一括査定サイトを利用し、一番高く買い取ってくれた会社の人のお話ですと、意外な事に、買取ってもらった季節が見積額を上げた要因だったそうなんです。

私の場合、買い取ってもらった日産エクストレイルがアウトドアを好む人からの需要が高まる夏に売れるそうです。ですので、高値で買い取ってもらうなら、春ごろから梅雨時期がおススメらしいので、今後の買取の参考にしようと考えています。車の買取、査定をお願いする前に、車本体の傷は直しておく方がよいのか考えてしまうところですよね。自分で容易に、直せる程度の多少の傷だったら、直した方がよいでしょう。でも、自分で直せない大きい傷の場合は、修理に出さずに車の買取、査定をそのまま受けた方がよいのです。

車を売却するときに、車検が切れていてどうしたらいいんだろう?と思うことがあります。少しでも車を高く売るためには車検に出した方が良いのではないかと思うかもしれません。

しかし、それは間違いなのです。

仮に車検に出したとしても、割に合う査定額の上乗せは望めません。

車検が切れたままで査定を受けた方が全体的にお得なのです。先日、結婚を機に、これまで乗っていた軽を売って、代わりに大型の車に買い換えました。中古車なんか売ってもどうせ、二束三文だろうと勝手に思っていたのですが、見積額を聞いてびっくりしました。

考えていたよりもずっと返ってきた見積金額が高かったのです。買取業者いわく、軽は人気があるので、良い値段で買い取ってくれるのだそうです。

中古車を買う時に気になってしまうのは、年式はもちろんですが、走行距離になりますよね。

通常、中古車の走行距離というのは、年間で1万km程度というのが平均的です。

そのため、10年乗って10万kmくらいが一般的な中古車の走行距離ということになります。

高い査定価格を得る秘訣として、その車を最も高く評価してくれる業者を探しだすことです。

その際、車査定一括サイトで比較するのが良いでしょう。

それから、見積と現物査定が一致するような自分でできる努力をしましょう。

どんな車でも、車内をきれいに清掃し、タバコなどの臭いを残さないようにしましょう。

買取額を上げるのは難しいですが、だめもとで挑むのもやってみる価値ありです。

車についてしまったすり傷や壊れた個所は、基本的には修繕せずに査定に見てもらうようにしましょう。すり傷や故障があれば、その分だけ評価額は低評価になってしまいます。しかし、目に見える傷や気になる故障個所は、買取業者が自分たちで調整整備したり、直したりするので、査定前に修理しておく必要はないのです。

減らされる料金よりも、修理費用の方が高額になってしまいます。

愛車を少しでも高価格で売るにはどんな点に注意すべきでしょうか。

インターネットによる一括査定を使って複数の業者による査定を受けるのが基本です。

また、買取を依頼する前にきちんと洗車して綺麗に見えるようにしておくことも必須です。特に車の外側だけではなく、車内もしっかりと掃除しておきましょう。